純正・既製品は教科書で王道

オーディオの再生において、最も重要で功を奏すのはバランス良く再生する事。

どんな高級機が相手でも、ほんの少しでも調律で上回れれば勝ち。

調律されていないオーディオなんてガラクタでしかありませんから。

 

そして、そのバランス良く再生する事において大きな壁として存在するのが純正オーディオ。

私は過去、多くの車を作り、聴いて来ましたが、純正オーディオに打ちのめされた事も少なくはありません。

 

主張無き王道。

 

私は勝手にそう言っていますが、高音がキレてる! 低音のパンチが… そんな議論にならない程のバランス再生。

 

音はまとまる程、個々の主張は無くなります。

 

 

純正と社外品、初めて見比べた人は驚くと思います。その見栄えの差に。

そして思う事「これじゃあ良い音出ないだろうな」と。

 

逆から考えてみると「これであれだけ出せるんだ…」という事にもなります。

大手メーカーの開発者、スペシャリストの腕に掛かれば、あれだけローコストの製品で、あれだけの音場が作られてしまうんです。

 

なので私は、スペシャリストの恩恵をそのまま受け、流す為、極力オーディオはいじりません。

※純正ではありませんが。

 

 

ネットワークはいじらないのか?

 

アンプの電源部等改造しないのか?

 

良く聞かれます。

 

 

ネットワークは少々いじります。数値はそのままで、素子を少し良くするだけ。

なるべく個性の少ない、「いかにもオーディオ用」って感じのものは使いません。

好きなスピーカーの音は変えたくないからです。

高級な素子は主張が強いので。

 

車の再生環境に合わせてクロスポイントを変える?

 

いいえ、しません。

車の再生環境はもちろん考えます。車内の広さやドアの容量。この空気量であれば何センチのユニット何個までなら良く鳴るか等。

車内に合ったスピーカーは選びますが、スピーカーの特性に合わせてベストな設定で造られているスピーカー側の特性は変えません。

規定値はスピーカーを長く使う為、最もスピーカーに負担が掛からない数値にもなっています。

 

 

アンプ等の改造で気を付ける点は、基盤に合った容量を選択する事。

 

「コスト削減の為に最上級の素子が使われていない…」

果たしてそうだろうか?

上級機種にたかだかコンデンサーをケチる必要があるか?

 

その選定には意味があるのでは?

他のパーツとの相乗効果を考えて厳選されているのでは?

 

実は故障の原因になる組み合わせが有ったり、1+1が5にもなる組み合わせがあるのでは。

日夜の経験から選ばれているパーツを、ただ高級品に変えるメリットはあるのか。

音の好みを変える事が目的ならば正解。

 

ただ、それで飯を食っているスペシャリストが経験から選んだパーツ。

意味が有る。

と、私は考えます。

 

実際カイラスのアンプは、ある部分のパーツのグレードを意図的に下げています。

視聴を繰り返した結果。

 

 

一番大事なのは安全性。

 

他のパーツに負担を掛けないパーツ選び。

 

 

規制枠の性能とはいえ、一流のエンジニアが生み出した車を改造してタイムを伸ばせるのは一流ではなく、超一流だけ。

 

 

オーディオの機材も一緒と考えます。