音室の音質

 

音の作り方にカーとホームが異なるように、ホームでも、聴き方、聞かせ方で音の作り方が異なります。

 

先日、ライブ会場でのイベントに参加して来たのですが、やはり気になってしまうのは音響。

ライブ会場の鳴らし方は、ユニットを含め、良い音で聴かす方へ振っていない。良い音とはかけ離れています。

細かいことはいいじゃないか、楽しければ。という音造り。

高級ホームスピーカーから見れば真逆の音。会場に振動を伝える為、バッフル自体を震わせる音作り。歪なんてなんのその。

 

実際、スピーカーボックスを触って回りましたが、やはり厚くて振動しやすい材質の物を使っています。

見て楽しむ状況においては、音質に傾倒し過ぎると見て楽しむ事がしに難くなります。

 

実は私、車のウーファーボックスはショップ製よりオーディオメーカー製の汎用の方が好きなんです。

緻密な計算で作られている事も有りますが、ボックスの材質がライブ会場のスピーカーの箱と同じで、楽しさ重視の材質。

 

汎用品とはいえ、使われているMDFは音響用MDFです。

これ、ホームセンターでは手に入りません。

 

 

音質重視の材質、楽しさ重視の材質の使い分け、大事ですね。

 

フロントとリアでバッフルの材質を分けても楽しいのでは。