ケーブルで音は変わるのか

 

変わります。音を変えるという点に於いては、かなり影響が大きいパーツ。

 

私自身、ケーブルによる音の変化に魅せられて、結構な金額を費やしました。

暇さえ有ればハイエンドホームオーディオ店へ行き、ケーブルを漁る日々を送りました。

 

 

現在のスピーカーケーブルは無名のOFCケーブル。

AE線等の単線は安くて高音質ですが、無精な私とは作業性が合わないので使っていません。

 

色々聴きましたが、ケーブル類は好みの世界。金額で音が良くなるというのは幻想に近く、ツチノコの探すようなもの。値段に関係なく、大概が同じ土俵であり、好みの逸品を探す旅。

 

そして稀に、高額なケーブルにある危険。調整が効かなくなるくらいに特性を狂わす。

その変化を進化と思わせる危険なケーブルで、意外と売れている。

 

慣れた頃、「音が何かおかしい…」と感じても、まさかケーブルが悪さしているなんて気付かないケースが多く、外をいじったり、買い替えたりしてしまう事も…

 

 

私はケーブルは裏方に回って貰っているので、個性は不要。

安全性と必要最低限の質で十分。

 

その上で、機材と機材のバランス(相性)を取って貰う目的で選んでいます。

 

 

現場で見た光景

オーディオ製品の開発をしている現場で見た意外な光景。

ケーブル類が驚く程に普通。

 

メーカーの製品が視聴できるディスプレイルームにおいても、ラインケーブルは良く見るアレでした。

基盤むき出しの、開発中のアンプを鳴らす時もアレ。

 

「アレで良いんですか?」と質問したところ、

「十分」との回答。

 

「一番普通で癖がなく、聴き分けがし易い」との事です。

機材のチェックに向いているとの事。

 

 ケーブルで色付けをしたり、合わせ技を楽しんだりしない限りはアレでいいのかもしれません。

 

過去、「高額なケーブルを使ってはだめ」という、開発者が2名いました。

それぞれ、国内大手の開発者です。

 

理由は、値段に見合っていないという事ではなく、

水と油は云々… 的な、物理的な理由でした。