イン? アウト?

スピーカーを取り付ける際に検討されるインナーバッフル、アウターバッフル。

 

まず、アウターバッフルのメリットを先に上げます

・カッコいい

・作ってしまえば作業が楽

・ショップ的にも儲かる

 

インナーバッフルのメリットは

・見た目が純正っぽい

・取り付け工賃が抑えられる

 

ってとこでしょうか。

 

ショップがアウターを進める理由は、商売だからです。

加工技術も魅せられる。

年間取り付ける台数を、インナーとアウターで計算したら…

死活問題な金額になります。

 

 

 

音はというと、賛否両論あります。

 

両論アリです。

 

 

音を良くするためにはアウター仕様に…

する必要はありません。

 

アウターにした方が音が飛ぶ説がありますが、純正オーディオのほとんどがインナーなのに、音が隅々まで広がっています。というか、純正より自然な飛びの車を探すのは至難の業。

更に言えば、我々のスピーカーより圧倒的に安価なスピーカーを、ドアの下部にポン付けしている純正オーディオのなのに、隅々まで自然に広がっています(汗

 

 

元々、私の車はドアにスピーカーが無い為、必然的にアウター仕様になっています。

ここで気を付けている事は、グリルをきちんと付ける事。

フリーエアーのスピーカーは、グリルをきちんと付ける必要があると教わり、実感が出来た為。

 

アウターながら気を付けている事は、スピーカーを出来るだけ引っ込ませる事。

「スピーカーはある程度離れて聴く事が前提に作られている」と、スピーカーの製作者は仰っていました。

なので、1㎝でも耳から遠いところにユニットを置く事を心がけています。

 

 

インナーバッフルだと音飛びが悪い…

先にも同じ意味合いの事を書きましたが、インナーでも音は飛びます。

音は風ではなく振動です。

 

 

インナーバッフルの際の注意点。

・内張りがビビった際は、ビビっている個所のみ制震材で抑える。

・内張りに音が逃げないようにと、スピーカーと内張りの間にスポンジ等を貼らない。

スポンジは吸音材です。貼ると一定の周波数の帯域をごっそり持って行かれてしまいます。

スピーカーから出る音は、コーンから出た音とキャップから出た音のぶつかり合いで指向性を付けていて、きちんと前に飛ぶように作られています。